ω-6脂肪酸

ビタミンFとも認識されるアラキドン酸

ビタミンFというのは、ビタミン類では、聞き慣れない言葉かもしれませんがこのビタミンFと言うのは、アラキドン酸というように解釈してる人も、いるようです。
そてというのも、アラキドン酸というよりも、ビタミンエフと呼んだ方が簡単だからなのでしょう。
そして、このアラキドン酸の、脳の老化防止成分血圧を下げる成分コレステロールを下げる成分などを、もろもろ含めてビタミンFというように、呼んでるようです。

このビタミンFという表示があれば、アラキドン酸だと思っても間違いは、無いようですね。
ですから、もしサプリメントの表示などで、ビタミンFと言うものがあればアラキドン酸が入ってるものとして、考えるようにすると良いでしょう。
このように、栄養成分と言うものは、必ず何かしらの名前がついてるものですから、アラキドン酸のことを、ビタミンFなどと言うように呼んでも問題は無いようです。

アラキドン酸のことをビタミンFなどというように呼ぶ人もいますがこれは、アラキドン酸も、ビタミンFも、全く変わらないので、同じものであると覚えておくと良いでしょう。
呼び方は本当に様々で、ややこしいものもあるので、アラキドン酸=ビタミンFというように覚えておけば、間違いがないと思います。