ω-6脂肪酸

アラキドン酸が母乳にも含まれている

アラキドン酸というのは、食べるものに含まれているというように説明してきましたが、これは母乳にも含まれているようで赤ちゃんの時期から、摂取するには母乳が良いそうですね。
何故かというとアラキドン酸は母親の飲ませる母乳にも多く含まれるからです。
母乳というのは、赤ちゃんの体の健康を保つために、必要な成分が入ってるもので母乳で育てた、赤ちゃんというのは、発育が良いようです。

また中には、母乳の出が悪い母親もいますから、そのような赤ちゃんというのはたいてい、粉ミルクで育てられているようですね。
そして粉ミルクには、含まれてない成分の、アラキドン酸が母乳には多く含まれているので、とても健康な子供に育つと言われています。
ですから、今お腹の中に赤ちゃんがいる女性は、積極的に自分でアラキドン酸の入っている食べ物を食べるか、赤ちゃんに母乳でミルクを与えるようにしましょう。

また母乳の出が悪い時というのは、餅を食べるといいと、昔から言われてるので積極的に餅を食べるようにしましょう。
このように、母乳で育てている母親は、みんな赤ちゃんがアラキドン酸を飲んでいるということになりますので、粉ミルクよりかは効率的ではないでしょうか。
アラキドン酸が乳幼児に良い理由はこちらで詳しく解説されていますが、生まれてから3歳になるまでの間に脳はできあがると言われていますので、この期間にアラキドン酸がしっかりと摂れているかどうかは重要なことです。