ω-6脂肪酸

哺乳類に必要不可欠なアラキドン酸

アラキドン酸というのは、人間に必要な成分で、ありますが実は哺乳類全般に、必要な成分です。
この哺乳類というのは、猫や犬そして豚や、牛など哺乳類と呼ばれるものには、このアラキドン酸が必要になります。
簡単に言えば、これらの哺乳類には、欠かせない成分なのです。

ですから、アラキドン酸は他の犬や猫などのペットにも免疫力が上がるので、必要な成分と、言えるのです。
それというのも、この身体の免疫力を、高める成分ですから生き物に、必要な成分と言うように、考えると良いでしょう。
そして、これは食べ物から、取れるものですから動物が食べるペットフードや、また人間の食べる肉にも、アラキドン酸が必要です。

そして人間が食べる肉になる、ウシや馬などにも、関係あると言えるでしょう。
このように、人間が普段食べている肉なども、哺乳類でできていますからこの精肉される前の動物たちも、アラキドン酸が必要ということなのです。
また人間以外にも、動物の哺乳類には、このアラキドン酸が必要で動物の健康を守るためにも、この成分が欠かせないものであると言えるのです。
ですから、身近な猫や犬などのペットや、豚や牛などにも、アラキドン酸は関係があると考えれば、分かりやすいと思います。