ω-6脂肪酸

アラキドン酸カスケードの詳細

アラキドン酸はリノール酸から作られる成分で脂肪酸の一種であるとも言われてるのです。
このアラキドン酸は、人間以外にも哺乳類全般に、必要不可欠な栄養成分が、たくさん含まれていますので、この成分は重要であると言われているのです。
そしてアラキドン酸を、取れない野良猫などは上手くねずみなどを捕まえて、ねずみの肉に、含まれている、アラキドン酸を取って生きているのです。

必須脂肪酸の一つとも呼ばれている、アラキドン酸はカスケードとも言われていて、これを詳しくは、アラキドン酸カスケードとも呼ぶようですね。
この必須脂肪酸も、大きく分けると、数種類あるようですが、どれも人間の身体には、欠かせない酸ということですね。
カスケードを直訳すると、滝という意味らしいですが、もっと詳しく書いている本などがあるはずですから、知りたい時には、調べてみましょう。

そのときに、図でわかりやすく、書かれていると思いますのでこのカスケードについては、その図で見てみましょう。
そしてこのカスケードと言うのは、簡単に言えばアラキドン酸がどのように変わって行くかというのを、示したようなものです。
このよにアラキドン酸には、いくつか細分化されて、分かれて働くルートのようなものが、あるということを、覚えておくと良いでしょう。