ω-6脂肪酸

アラキドン酸を多く含んでいる魚

アラキドン酸というのは、肉以外にも魚に含まれてことが、多いのですがこれは青魚と呼ばれる種類の魚には、多く含まれているのです。
そしてこの青魚と言われる魚には、DHAと呼ばれる成分と、アラキドン酸が含まれていますので、この青魚は食べると2つ一緒に取れるようですね。
このように魚を毎日食べると、健康的になれるというのは骨や歯が強くなるカルシウムだけでなく、脳の老化防止に役に立つアラキドン酸を、摂取することができるからです。

そして魚を食べる回数が、増えれば増えるほど、アラキドン酸は体内に多く摂取できますので、とても効果的と、言えるのではないでしょうか。
またこの魚というのは、どのようにして食べればいいかというとやはり焼き魚がベストで、サンマやいわし、かつおなどと種類はあります。
こういった青魚は、たくさん食べると、このアラキドン酸も取れるようですね。

このように、青魚もたくさん食べるという事は、牛肉をたくさん食べるのと同じようにアラキドン酸が取れますので、苦手な方はとると良いようです。
そして青魚でアラキドン酸を効果的に取るには、やはりお寿司なども良いのですが、寿司も青魚があるので、成分なども効果的に摂取できるとも言われているからです。
またイワシやサバ、サンマなどの青魚は、積極的に摂取すると良いようです。